京都 祇園祭 2017 日程

京都 祇園祭 2017 日程

このサイト『京都 祇園祭 2017|日程|宵山|山鉾』は京都の祇園祭のファンサイトです。日程や宵山・山鉾・お稚児さん・観覧席のチケットなど祇園祭に関するいろいろなことをまとめていきます。このページは, 京都 祇園祭 2017 日程に関するページです。

スポンサーリンク

京都祇園祭の日程

長刀鉾町お千度:7月1日

長刀鉾町の町内一同が稚児や禿と共に八坂神社に参拝し、神事の無事を祈願します。 ※見学不可

吉符入:7月1日〜7月5日

各山鉾町で、祭礼奉仕や神事の打合せを行います。 ※見学不可

くじ取り式:7月2日

京都市役所に各山鉾町代表者が集まり、くじを取って山鉾巡行の順位を決めます。 ※見学不可(事前申込後抽選)

お迎え提灯:7月10日

「神輿洗」の神輿を迎えるため、万灯会員有志が提灯を立て、八坂神社周辺地域を巡行します。 八坂神社→河原町四条→市役所→寺町通→東大路通→神幸道→八坂神社

神輿洗:7月10日

神輿三基を舞殿に据えた後、その内一基(中御座)の前後を松明で照らしながら四条大橋まで担ぎ、神輿を清める儀式を行ないます。 午後8時30分頃八坂神社に戻り、17日の神輿渡御にそなえ三基の神輿を飾り付けます。

山鉾建:7月10日〜7月14日

各鉾町が鉾、曳山を組み立てます。

鉾曳き初め:7月12日 〜7月14日

各鉾町内の人々により囃子を奏しつつ、それぞれの町内で鉾を曳きます。

稚児社参:7月13日

長刀鉾稚児が騎馬にて八坂神社に詣で、お位を授かります。 以後稚児は、17日の巡行まで身を慎み、巡行時は長刀鉾正面に乗り、太平の舞を舞います。 ※見学不可

久世駒形稚児社参:7月13日

17日の神幸祭、24日の還幸祭に供奉をする久世稚児(駒形稚児)の社参が行われます。 ※見学不可

屏風祭:7月14日 〜7月16日

各山鉾町の町屋では格子をはずし、通りから見えるようにして家宝の屏風、道具を飾ります。 ※各所により日程が異なります。また主催者の都合により予定・内容が変更される場合があります。

屏風飾り 長江家住宅公開:7月14日 〜7月16日

平成17年に京都市指定有形文化財の指定となった長江家の建築や、祇園祭宵山の屏風飾り等の特別鑑賞です。 同家は代々呉服商を営んできた商家で、「船鉾」の立つ船鉾町にある町家です。格子窓やむしこ窓等を設けた典型的な町家です。 ※また主催者の都合により予定・内容が変更される場合があります。

宵山:7月14日〜7月16日

歩行者天国:18〜23時(予定) 14日:四条通の河原町〜堀川間 15・16日:四条通の八坂神社〜堀川間 山鉾に吊られた駒形提灯に火が入り、祇園囃子の音と共に祭りを盛り上げます。

伝統芸能奉納:7月15日

今様等多彩な各種伝統芸能が奉納されます。

いけばな展:7月15日〜7月17日

名家名流が四条通り・祇園石段下〜四条烏丸の有志の各店舗を花で彩ります。

献茶祭:7月16日

表千家家元千宗左宗匠と、裏千家家元千宗室宗匠とが隔年の奉仕。 拝服席及び、副席が設けられます。

石見神楽の奉納:7月16日

スサノヲノミコトのヤマタノオロチ退治を、笛・太鼓・鉦の賑やかな囃子で演じます。 勇壮且つ、芸術性豊かな神楽が奉納されます。

日和神楽:7月16日

山鉾町から四条寺町の御旅所へ、お囃子を奏でながら往復し、翌17日の晴天を祈ります。

山鉾巡行:7月17日

各町内(中京区一帯) 巡航経路:四条烏丸〜四条河原町〜市役所〜烏丸御池〜新町御池 祇園祭の最大の見所。長刀鉾を先頭に32基の山鉾が京都の中心部を巡行します。

神幸祭 神輿渡御:7月17日

八坂神社→石段下→四条御旅所 石段下にて三社神輿の差し上げが行なわれた後、 それぞれの神輿が、氏子区域内を所定のコースに従い巡行します。 21時頃より相次いで四条御旅所に着輿し、以降24日まで御旅所に留まります。

煎茶献茶祭:7月23日

在洛の煎茶道家元の輪番奉仕により行われます。

琵琶の奉納:7月23日

琵琶協会の人々により、琵琶の奉納が行われます。

花傘巡行:7月24日

石段下→市役所前→八坂神社 傘鉾十余基、馬長稚児、児武者等が石段下を出発し、列を整え所定のコースを練り歩きます。 八坂神社到着後(12時頃)舞踊等の奉納を行ないます。

還幸祭:7月24日

四条御旅所→八坂神社 午後5時頃四条御旅所を三基の神輿が出発、市中を巡り八坂神社に戻ります。 その後御供社にて祭典を行い、御神霊を本社へ還します。

狂言奉納:7月25日

茂山忠三郎社中により狂言が奉納されます。

神輿洗:7月28日

神輿三基を舞殿に据えた後、その内一基(中御座)の前後を松明で照らしながら四条大橋まで担ぎ、神輿を清める儀式を行ないます。 午後8時30分頃八坂神社に戻り、神輿庫に収めます。

神事済奉告祭:7月29日

祇園祭終了を奉告し、神恩を感謝します。

疫神社夏越祭:7月31日

疫神社の鳥居に大茅輪を設け、参拝者はこれをくぐって厄気を祓い、護符を授かります。


スポンサーリンク

↑ PAGE TOP